冠婚葬祭に関わる六曜について

冠婚葬祭では、大安や友引などの六曜を参考に決めていきます。
六曜はその言葉通りに、全部で6種類あります。
先勝は午前中が吉となっていて、午後2時から午後6時までが凶となっています。
友引は朝が吉で昼は凶、そして午後は大吉となります。
昔は、故人と仲の良かった人が呼び寄せられると言われていましたが、現代では勝負がつかない引き分けの日という意味が広まっています。
先負は午前が凶で午後は吉となり、勝負事などを避ける日と言われてます。
仏滅は何をするにも凶のため、祝い事は避ける日となっているので、現在でも婚礼などを避ける日となっています。
大安は何をしても吉日であるとされているので、祝い事に持ってこいの日とされています。
赤口は祝い事に関してだけは大凶とされ、赤という言葉から血を連想するので火事や刃物に気をつける日となり、正午のみ吉で、あとは凶となっています。
このように六曜にはそれぞれ意味があり、冠婚葬祭関わらず全てに関係してくるので、暦についての簡単なことは知っておきましょう。