冠婚葬祭と深い関係がある六曜

冠婚葬祭と六曜は昔から関係が深いものです。
結婚式なら、大安に行うのが一番とされています。
大安は何をするにも吉日となっているので、結婚式の時間がいつでもいいために選ばれています。
逆に、赤口と呼ばれる日は絶対に避けています。
それは赤という言葉から火や血を連想しますし、正午のみが吉であとは凶と運勢が決まっているからです。
葬儀や法事は、仏滅に行います。
仏滅の日は何事も遠慮する日で病めば長引くが、仏事はよろしいという言葉があるので、葬儀や法事は仏滅に行うのがいいとされています。
葬儀の場合には友引の日は避けられ、友引の日に休む火葬場もあります。
また赤口は万事に用いない悪日だが、法事は正午だけ良いとされているので、赤口には法事を行ってよいともされています。
昔から日本に浸透してきた六曜なので、それと関わる冠婚葬祭は切っても切れない関係です。
親類などから反感を買わないためにも、冠婚葬祭の日取りを間違えるようなことは慎みましょう。