冠婚葬祭で重視される六曜の「大安」や「仏滅」

冠婚葬祭で、結婚式は「大安(たいあん)」がいいとか、お葬式は「仏滅(ぶつめつ)」はやめた方がいいなどと言われます。
これらを「六曜(ろくよう)」と呼び、ほかに「先勝(せんしょう)」、「先負(せんぷ)」、「赤口(しゃっこう)」、「友引(ともびき)」があります。
カレンダー上のそれぞれの意味ですが、先勝は午前中が吉の曜日、先負は午後から吉の曜日です。
引越しなどのときには、先勝は午前中の引越し、先負は午後からの引越しというように考えられます。
赤口は、「火事やケガに気をつける日」とされています。
結婚式を行うのを避けた方がいい日は、「仏滅」とこの「赤口」の日です。
友引は「友を引く日」と言われ、お葬式に故人が仲の良かった人をつれて行くことから、この日に葬儀することは避けられています。
葬儀に向いている日と言われるのが「仏滅」で、法事なども仏滅をあてることが多いということです。
六曜にはこのように意味があり、冠婚葬祭で用いられています。